> > 東大など、電源不要の柔らかい「水分検出センサー」開発 絆創膏やオムツに

東大など、電源不要の柔らかい「水分検出センサー」開発 絆創膏やオムツに

 印刷 記事を保存

東京大学は、科学技術振興機構(JST)課題達成型基礎研究の一環として、世界で初めて「柔らかいワイヤレス有機センサーシステム」の開発に成功し、そのセンサーシステムとしての有用性を「柔らかい水分検出センサーシート」で実証した。このセンサーシステムは、離れたところからワイヤレスで電力供給が可能で、水分検出センサーからのデータも取ることができる。

今回の研究の原理は、水分以外にも温度や圧力などさまざまなセンサーに応用することが可能。センサーシステムは有機デバイスだけで構成されているが、有機デバイスはインクジェット印刷など高速処理で環境負荷の少ないプロセスで容易に製造できるため、将来の大幅な低コスト化が期待され、今後は、ばんそうこうやおむつなど装着感が少なく使い捨てにもできる衛生的なセンサーとして幅広い用途への応用が期待される。

ワイヤレスセンサーの急速な発展によって、生活空間におけるさまざまな物理情報の計測と活用が進み、センサーの計測対象は、最近、物から人へ急速に拡大している。人体に接触しながら生体に関する情報を計測する際には、装着感のない柔らかさ、衛生面から使い捨てにできることなど、従来の電子部品になかった課題の解決が急務となっている。

(※全文:1,168文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.