> > 日本気象協会、PM2.5の予測情報サイトを開設

日本気象協会、PM2.5の予測情報サイトを開設

 印刷 記事を保存

日本気象協会は、春のPM2.5濃度上昇に備え、2月14日より携帯公式無料サイト「気象協会晴曇雨」(http://n-tenki.jp/sp/)内で、『PM2.5予測情報』の公開を開始したと発表した。同サイトはPC、タブレット、スマートフォンなどから閲覧が可能だ。

PM2.5は大気中に浮遊している非常に小さな粒子で、呼吸により気道の深部まで到達しやすく、健康への影響が大きいことが指摘されている。また、PM2.5は春(例年3月から5月にかけて)に濃度が上昇する傾向があり、同サイトはこれに備えたもの。

同サイトでは、全国と地方別(北海道、東北、関東・信越、東海・北陸・近畿、中国・四国、九州、沖縄)に3時間毎、3日先までの『PM2.5予測情報』を動画形式で掲載するほか、PM2.5に関するわかりやすい解説ページも用意している。

(※全文:716文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.