> > 日本気象協会、PM2.5の予測情報サイトを開設

日本気象協会、PM2.5の予測情報サイトを開設

記事を保存
日本気象協会、PM2.5の予測情報サイトを開設

日本気象協会は、春のPM2.5濃度上昇に備え、2月14日より携帯公式無料サイト「気象協会晴曇雨」(http://n-tenki.jp/sp/)内で、『PM2.5予測情報』の公開を開始したと発表した。同サイトはPC、タブレット、スマートフォンなどから閲覧が可能だ。

PM2.5は大気中に浮遊している非常に小さな粒子で、呼吸により気道の深部まで到達しやすく、健康への影響が大きいことが指摘されている。

また、PM2.5は春(例年3月から5月にかけて)に濃度が上昇する傾向があり、同サイトはこれに備えたもの。

同サイトでは、全国と地方別(北海道、東北、関東・信越、東海・北陸・近畿、中国・四国、九州、沖縄)に3時間毎、3日先までの『PM2.5予測情報』を動画形式で掲載するほか、PM2.5に関するわかりやすい解説ページも用意している。

また、現在、大気汚染防止法に基づき、地方自治体によって全国700カ所以上でPM2.5の常時監視が実施されており、汚染状況などは各都道府県のサイトで公開されている。

PM2.5に関する解説も

PM2.5に関する解説も

同協会は、それらとあわせて本サイトを利用してほしいと述べている。

同サイトの更新頻度は1日1回(毎日8時頃更新)で、日本を含む東アジアを対象とする。分布予測図では、オレンジ色になるほどPM2.5の濃度が高く、白色に近いほど濃度が低い傾向を表す。

同協会では、独自の気象予測モデルSYNFOSと化学輸送モデルCMAQ(※1)を組み合わせ、東アジアの大気汚染予測システムを運用している。

同サイトでは、本システムに、日本を含む東アジアの大気汚染物質排出量の推計データ(国内外の研究機関による)を入力し、PM2.5の推移を解析し、3日後までの状況を予測する。

※1:CMAQ(Community Multiscale Air Quality Model)は、米国環境保護庁(EPA)が中心となり開発を進めており、国内外の大気汚染研究に広く使われているモデル。

【参考】
日本気象協会 - PM2.5予測情報

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.