> > 高価な放射線測定部品のコスト半減 日本企業、新製法で米企業の独占打破

高価な放射線測定部品のコスト半減 日本企業、新製法で米企業の独占打破

 印刷 記事を保存

アンペール(東京都新宿区)は、放射線検出の主要な部品であるシンチレータについて、価格を大幅に下げることに成功した製品の販売を3月から開始する。

同製品は、ユニオンマテリアル(茨城県北相馬郡)が開発したヨウ化ストロンチウム単結晶を低コストで製造する技術を利用したシンチレータの独占販売権を同社が獲得し、製品化・販売を開始するに至ったもの。

販売を開始するSrI2(Eu)シンチレータ(直径25mm長さ25mm)のサンプル価格は50万円(税別)。従来の半分の価格で提供する。また、別途販売パートナを募集しており、現在3社と契約を進めている。

シンチレータとは、放射線の入射により蛍光を発する物質の総称であり、放射線測定主要部品。ヨウ化ストロンチウムSrI2(Eu)シンチレータは、これまで一般的であったヨウ化ナトリウムNaI(Tl)に比べて2倍以上の高発光出力と、4%以下の優れたエネルギー分解能を発揮する次世代のシンチレータ。しかしながら、これまでは米国RMD社が独占的に販売しており、非常に高価だった。

(※全文:1,585文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.