> > 低コストで太陽光から水素を生成 新発見のスズ酸化物

低コストで太陽光から水素を生成 新発見のスズ酸化物

 印刷 記事を保存

物質・材料研究機構(NIMS)環境再生材料ユニットの阿部英樹主幹研究員と梅澤直人主任研究者らは、両者の理論の連携により、太陽光をエネルギー源として水から水素燃料を生成することができる新しい光触媒物質「4酸化3スズ(Sn3O4)」を発見したと発表した。

新触媒物質「Sn3O4」は、豊富かつ安価なスズと酸素のみで構成され、環境毒性も低く、大規模な水素燃料の製造や太陽エネルギー循環社会へ大きく貢献することが期待できる。

(※全文:886文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.