> > トヨタなど 新リサイクル技術で車のハーネスから純度99%の銅を生産

トヨタなど 新リサイクル技術で車のハーネスから純度99%の銅を生産

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、資源枯渇が懸念される銅資源を使用したワイヤーハーネスについて、矢崎総業(東京都)と豊田通商(愛知県)並びに豊田通商と取引きする中部地区解体業者8社と連携し、Car to Carリサイクル技術を世界で初めて開発した。同技術では、解体業者が取り外したワイヤーハーネスから、新品の銅とほぼ同様に使用できる品質である銅純度99.96%の素材が生産できる。

トヨタは2016年以降、年間1,000tレベルの再生銅の生産を目指し、さらなる技術開発とコスト低減を進めるとともに、車両のリサイクルに関し、解体業者との連携拡大に努め、部品メーカーと解体業者と一体となった「次世代型リサイクルコンセプト」の実現を進めたい考えだ。

使用済み車両からワイヤーハーネスを取り外す際には、通常、ヒューズボックス等他の部品が付随しており、これが不純物となるため、再びワイヤーハーネスにリサイクルすることは、従来の機械式選別方法では不可能だった。

(※全文:1,040文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.