> > エプコ、家庭向け電気料金比較サイトを開設 電力自由化も視野に

エプコ、家庭向け電気料金比較サイトを開設 電力自由化も視野に

記事を保存
エプコ、家庭向け電気料金比較サイトを開設 電力自由化も視野に

エネチェンジサイトイメージ

エプコは、家庭向けにエコに暮らしながら電気料金をお得にするための様々な情報を発信していく電気料金サイト「エネチェンジ BETA」を開設した。

同社は、電力小売りの全面自由化に向けて、英国のケンブリッジエナジーデータラボ社が開発・運営する電気料金比較サイト「エネチェンジ ベータ版」と提携し、日本で本事業の展開に取り組む。

2016年に家庭向けの電力小売りが全面自由化される予定であり、家庭はどの電力会社からでも電力を買うことが可能になる。電力各社は、現在でも複数の電気料金プランを提供しており、生活スタイルにあった電気料金プランを選ぶことで、電気料金がお得になることもある。

今回開設したサイトでは、生活スタイルなどから家庭の電力利用状況を推測し、複数の電気料金プランの中から電気料金がお得になる料金プランの選び方や、電力のビッグデータを解析して、電気料金が節約につながる情報提供まで、様々な情報を発信していく予定。

本サイトは、「電気料金プランを見なおす」「エコに暮らす」「かしこく使う」の3つのカテゴリで構成される。「電気料金プランを見なおす」カテゴリでは、地域ごとに各電力会社の電気料金プランを比較・検討して、家庭の生活スタイルにあったお得な電気料金プランを探し、変更する方法を紹介していく。

「エコに暮らす」カテゴリでは、エコロジーに貢献しながら、楽しく気持ちよく、エネルギーを節約する方法を紹介していく。「かしこく使う」カテゴリでは、電気や電気料金に関する知識に触れて、電気の使い方を変え、ちょっとした裏ワザを活用することで、電気料金をお得にする方法を紹介していく。

エプコ(東京都足立区)は、住宅・家庭分野の太陽光発電HEMS蓄電池などに関わるシステム開発や設計、アプリケーションサービスなど、省エネルギーや節電、スマートハウスに係わるスマートエネルギーサービスを手掛けている。

今年の3月に、オリックス、NEC、同社出資によるONEエネルギーが、家庭向けに蓄電システムの導入による電気料金比較や最適な料金プランを簡単に試算できる「電気料金比較シミュレーション」サイトを開設している。

また、2014年、パナソニックと同社出資によるパナソニック・エプコ エナジーサービスを設立し、家庭用太陽光の電力を売買するサービスや、HEMSを活用した省エネルギーサービスを展開している。さらに、英国ケンブリッジ大学EECi(Energy Efficient Initiative)と共同研究を締結し、各家庭の電力ビックデータを利活用した、スマートエネルギーサービスに関する共同研究を行っている。

ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社は、英国ケンブリッジを拠点に、最先端の統計・データマイニング手法を用いてプロダクト開発・研究を行っている研究機関。「スマートメーター」経由で家庭の電力使用状況を収集・解析し、それらの「ビッグデータ」分析を通じて、最適な料金プランの算出、節電の提案をするシステムを開発、提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.