> > 気象庁のCO2濃度調査 海上・上空でも400ppmを突破

気象庁のCO2濃度調査 海上・上空でも400ppmを突破

記事を保存
気象庁のCO2濃度調査 海上・上空でも400ppmを突破

気象庁は、日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素(CO2)濃度の状況を公表した。これによると、大気中のCO2濃度は増加を続けており、2013年の年平均値、2014年4月の月平均値ともに、過去最高を更新した。

また、2014年冬季に日本南方海上で、2014年4月には日本の南東上空6km付近で、それぞれ初めて400ppmを超えた。「陸上」「海上」「上空」それぞれのCO2濃度の状況は以下の通り。

陸上(大気中)

国内3つの観測地点「綾里(岩手県大船渡市)」「南鳥島(東京都小笠原村)」「与那国島(沖縄県八重山郡与那国町)」におけるCO2濃度の月平均値は、綾里で2012年に400ppmを超えたことを皮切りに、2013年以降は国内3地点で毎年400ppmを超えている。2013年の年平均値、2014年4月の月平均値ともに、過去最高を更新した。

海上

2隻の海洋気象観測船による洋上大気及び表面海水中の観測の結果、日本南方海上でも2014年冬季の洋上大気中のCO2濃度の平均値が400.6ppmとなり、1984年以降初めて400ppmを超えた。一方、表面海水中のCO2濃度についても大気中と同様のスピードで増加し続けており、この海域では海洋が大気からCO2を吸収して蓄積していることを示唆している。

上空

日本の南東(神奈川県綾瀬市~南鳥島間)では航空機による上空6km付近の大気の観測の結果、2014年4月における飛行経路上のCO2濃度の平均値が402.7ppmとなり、2011年2月の観測開始以降初めて400ppmを超えた。

気象庁職員による上空での大気採取

観測に使用する自衛隊輸送機(上)、航空機内での大気試料の採取作業(下)
航空機による温室効果ガス観測の流れ(右)

気象庁は、日本を含む北西太平洋域の「陸上」「海上」「上空」に立体的に温室効果ガス観測網を展開し、大気及び海水中の精密なCO2濃度の観測を行っている。

【参考】
気象庁 - 日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.