> > 日本公庫、昨年の農林水産部門への再エネ融資は126億円 今年も受付中

日本公庫、昨年の農林水産部門への再エネ融資は126億円 今年も受付中

 印刷 記事を保存

日本政策金融公庫は、農林水産事業の平成25年度の再生可能エネルギー関連融資実績が121先、126億円となったことを発表した。

日本公庫・農林水産事業の再生可能エネルギー関連融資とは、農林漁業経営の改善やバイオマス資源の利活用、環境負荷の軽減を目的とした再生可能エネルギー発電施設の取得を支援することを目的に行われる融資である。近年の農山漁村における再生可能エネルギーの導入が活発なことから、今後も日本公庫は積極的に同事業を行う予定だ。

平成25年度の融資集計結果では、農山漁村における再生可能エネルギー別融資先によると、太陽光発電が79.3%と、太陽光発電が大部分を占めた。しかし、そのほか、間伐材や家畜排せつ物等の有機物(バイオマス)を利用したバイオマス発電、農業用水路等から流れる水の力を利用した小水力発電、地中熱で外気と熱交換しハウス等の消費電力を削減する地中熱利用等、様々なエネルギー活用が見られた。

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.