> > 世界に羽ばたけ!ニッポンの廃棄物処理技術 国の支援先16件が採択

世界に羽ばたけ!ニッポンの廃棄物処理技術 国の支援先16件が採択

記事を保存

環境省は、平成26年度「我が国循環産業海外展開事業化促進事業」の対象事業16件を選定した。

同事業は、我が国の循環産業による廃棄物処理・リサイクル分野における具体的な海外展開を計画する事業について、実現可能性調査等を行うもの。海外展開に向けた事業の進捗度合により3種類の調査に区分されており、「事業環境基礎調査」8件、「実現可能性調査」6件、「事業案件形成調査」2件の調査業務が行われる。

今回採択された事業は以下の通り。

No. 区分 申請企業 主な共同提案者 事業名
1 I.事業環境基礎調査 (株)ユーパーツ PT.Hello Global Indonesia、 (株)早稲田環境研究所 インドネシア共和国ジャカルタ特別市における使用済自動車用鉛バッテリーの再生事業
2 (株)ウエスギ (株)佐野環境都市計画事務所 マレーシア国クアラルンプール首都圏の廃電気・電子機器廃棄物の高品質な非鉄金属(銅)回収リサイクル事業
3 (株)サティスファクトリーインターナショナル (公財)日本産業廃棄物処理振興センター、日立造船(株) ベトナム国ホーチミン市における電子マニフェストサービス提供事業
4 日本蛍光灯リサイクル(株) 国際航業(株) マレーシア国における廃蛍光灯類から水銀を分離・回収するプラント設備を用いたリサイクル事業
5 JFEエンジニアリング(株) Pt JFEエンジニアリング インドネシア、八千代エンジニアリング(株) インドネシア国バリ州サルバギタ広域における廃棄物発電事業
6 DOWAエコシステム(株) (株)エックス都市研究所、イーアンドイーソリューション(株)、エスシステムジャパン(株) クウェートにおける固形廃棄物処理システム構築
7 (株)リサイクル 東京利根開発(株)、(株)エイト日本技術開発 スリランカ国西部州における資源回収施設建設事業
8 豊田通商(株) 日立造船(株)、(株)野村総合研究所 ロシア国モスクワ圏における都市廃棄物の統合型エネルギー回収事業
9 II.実現可能性調査 (株)市川環境エンジニアリング Hanoi URENCO、(株)市川環境エンジニアリングを含むiTaskメンバー企業 ベトナム・ハノイ市廃棄物中継/リサイクルセンター事業
10 日本リファイン(株) - インド国における廃有機溶剤のリサイクル事業実現可能性調査
11 住友林業(株) (株)レノバ インドネシア国におけるパームオイル工場廃液の燃料化事業
12 (株)松本光春商店 早稲田国際環境(有) 中国大連市における再生固形燃料(RPF)の製造・販売事業
13 新日鉄住金エンジニアリング(株) (株)エックス都市研究所、北九州市 フィリピン工業団地群及び周辺地域における地域循環共生型廃棄物発電事業(地域循環圏形成事業)
14 日立造船(株) 北九州市、(株)NTTデータ経営研究所、㈱西原商事、北九州市環境整備公社、PT.Sumber Orgnik インドネシア国スラバヤ市における都市ごみの廃棄物発電事業
15 III.事業案件形成調査 アミタ(株) - マレーシア国における廃棄物の再資源化事業
16 (株)西原商事 (株)NTTデータ経営研究所、IGES、北九州市 フィリピンメトロセブ地域におけるレジ袋等の軟質系プラスチック類マテリアル事業案件形成調査

同省は、平成23年度より「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を開始し、循環産業の育成・海外展開促進に取り組んでいる。平成25年度からは「我が国循環産業の戦略的国際展開・育成事業」と名を改め、今まで実施してきた廃棄物適正処理に係る二国間協力と有機的に結びつけ、我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして循環産業の海外展開を積極的に促進している。今回の調査はその一環として行われる。

【参考】
環境省 - 「平成26年度我が国循環産業海外展開事業化促進事業」対象事業の選定結果について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.