> > 味の素製造時の副産物、下水汚泥のバイオマス発電・肥料製造に活用

味の素製造時の副産物、下水汚泥のバイオマス発電・肥料製造に活用

記事を保存
味の素製造時の副産物、下水汚泥のバイオマス発電・肥料製造に活用

味の素の九州事業所(佐賀県)は、同事業所のアミノ酸発酵の工程から発生する副生バイオマスを活用する技術などについて、佐賀市と共同研究を行うことで合意したと発表した。

両者は、同事業所の副生バイオマスについて、佐賀市下水浄化センターでの排水処理後の汚泥を原料とした肥料製造への活用や、同センターのバイオガス発電への活用に向けての共同研究を行う。また、これらの技術による廃棄物のゼロ化や環境負荷低減などについての評価を佐賀市が行う。

今後は、同事業所が提供する副生バイオマスを活用した肥料による作物の品質向上(アミノ酸濃度増加など)について科学的な検証を進めるとともに、副生バイオマスの利用価値をさらに追求して、バイオガス発電等の新規用途開発を目指す予定。

両者はこれまでもバイオマス活用について共同で取り組んでおり、製造過程におけるアンモニア発生の抑制による臭気低減などの地域環境改善効果、副生バイオマスの活用による肥料中のアミノ酸含量の増加や、この肥料を使った作物の品質向上などを確認している。

同センターで生産された肥料は、佐賀市内を中心とした地域農家に安価で販売され、「地域住民→下水処理→地域農業→地域住民」という、企業と地方自治体の連携による地域バイオマス循環の好事例として注目されている。

佐賀市は、「バイオマス産業都市さが」をキャッチフレーズに、バイオマス産業都市選定を目指して、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強い街づくりに取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.