> > 福島県に初の「地域熱電供給」実証事業 IHIの小型バイナリー発電装置を採用

福島県に初の「地域熱電供給」実証事業 IHIの小型バイナリー発電装置を採用

記事を保存
福島県に初の「地域熱電供給」実証事業 IHIの小型バイナリー発電装置を採用

IHIは、小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」初号機を「会津高原リゾート『地域熱電供給』実証事業」向けに納入し、6月12日に稼働を開始すると発表した。

同実証事業では、会津高原リゾート(福島県南会津郡)の5施設に、出力600kW/400kWの木質バイオマスボイラから熱(暖房・給湯)が供給され、そのボイラの熱(温水)を利用して、IHIのバイナリー発電装置(最大出力20kW)で発電した電力を、同リゾート内の会津アストリアホテル、白樺の湯へ供給する。

現在使用している「A重油」と「木質燃料チップ」の燃料使用量及び付帯費用算出によるランニングコスト比較表を作成のうえ、CO2削減効果と事業収益性の見える化を図ることを目的とし、年間燃料コスト約1,200万円削減、CO2排出量780t削減を目指す。また、ゾート地への来場者が森林保全とCO2削減についてリ学べる「環境ショーケース(環境学習促進)型ボイラ機械室」も設ける予定。

今回の実証事業は、福島ミドリ安全(福島県郡山市)が林野庁から受託した「平成25年度木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域づくり推進事業」において、木質バイオマスボイラと小型バイナリー発電装置を組み合わせた地域熱電供給プロジェクトとして採用された、国内初のシステムで行われる。

また、福島県初の地域熱電供給事業であり、地域エネルギー(木質燃料チップ)の循環スキーム構築による新たな地域産業創出と、フクシマ復興の見える化事業として国内外への発信にも取り組む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.