> > 屋内でも太陽光を再現 人工太陽照明灯がLEDで省エネ化

屋内でも太陽光を再現 人工太陽照明灯がLEDで省エネ化

記事を保存
LED人工太陽照明灯

LED人工太陽照明灯

セリック(東京都中央区)は、今夏、自然太陽光と同等の光を出す人工太陽照明灯の新機種「LED人工太陽照明灯」の販売を開始する。同製品は、28年前に太陽光を忠実に再現するために開発された現機種「人工太陽照明灯(キセノンランプ式)」の小型・軽量・低コスト・長寿命を実現した卓上型タイプ。主な用途は色彩評価で、色彩評価用として持ち運びができる高演色性LEDとしては、世界最高水準を実現している。

新機種「LED人工太陽照明灯」は、6月11日~13日までパシフィコ横浜で開催される「画像センシング展2014」において初公開、あわせて現機種「人工太陽照明灯(キセノンランプ式)」も展示される。

同社の「人工太陽照明灯」は、晴天時正午±2時間に地表に到達する太陽光とほぼ同じ光を出す。主な用途は、色彩評価用、太陽エネルギー研究用、健康医学・バイオ用。これにより曇りや雨の日、夜間でも太陽光とほぼ近い光を得られるため、各業界で導入されている。また、色彩を忠実に再現しているかを表す指数「平均演色評価数」はRa98で世界最高水準。光のスペクトル(分光分布)は業界最長級の300~2500nmまでで、屋外に近い環境を再現することが可能。

セリックは、1984年に設立後、世界で初めて人工太陽照明灯の開発に成功し、これまでに累計2万台の販売実績を有する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.