> > 早稲田大発ベンチャー企業、埼玉県秩父市で木質バイオマス発電を開始

早稲田大発ベンチャー企業、埼玉県秩父市で木質バイオマス発電を開始

記事を保存
早稲田大発ベンチャー企業、埼玉県秩父市で木質バイオマス発電を開始

早稲田大学発環境系ベンチャー企業の早稲田環境研究所(東京都)は、かぶちゃん電力(東京都)、サイサン(埼玉県)、ソーシャルインパクト・リサーチ(東京都)と共同で、秩父市における木質バイオマス発電事業プロジェクトを開始すると発表した。

同プロジェクトの発電規模は約2MWで、間伐材、剪定枝、建廃チップ等の木質チップを60トン/日(約2万トン/年)使用する予定。これにより地域連携型未利用バイオマス(木質系、食品系、畜産系、廃棄物系等)の有効利用に向けたプロジェクト実現の支援を強化する。

事業設計においては、(1)地域の木材の供給量に適合した中規模での発電事業のパッケージ化、(2)ソーシャルインパクト・ボンド(SIB)型の社会的価値・環境価値を含めた資金調達手法の適用、(3)周辺の企業誘致等を⼀体的に行い、熱融通等エネルギー面での新たな取り組みを行うとともに、6次産業化等への展開に向けた事業拠点を創出すること、(4)地域PPS(新電力)のスキームを活用した地産地消型のエネルギーシステムの構築も含めて検討する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.