> > ガス発電&冷暖房を行う「ジェネリンク」に新製品 ガス削減率41%を達成

ガス発電&冷暖房を行う「ジェネリンク」に新製品 ガス削減率41%を達成

記事を保存
ガス発電&冷暖房を行う「ジェネリンク」に新製品 ガス削減率41%を達成

川重冷熱工業(滋賀県草津市)は、超省エネルギー型ジェネリンク(廃熱投入型ナチュラルチラー)「Efficio」NZJ型を7月より発売する。同製品は、昨年4月に発売し、二重効用で世界最高の定格COPと期間効率を達成した直火式ナチュラルチラー「Efficio」NZ型に、同社独自の廃熱温水熱交換器を組み込んだもの。

ジェネリンクとしての適正化により廃熱回収量が従来機に比べ大幅に増加したことで、業界トップの定格運転時のガス削減率41%、廃熱単独運転負荷率60%を実現し、従来よりも多くガス燃料消費量を削減できる。

キャプション

ガス消費量特性(冷却水入り口温度条件:JIS基準)

また、低負荷領域から高負荷領域にわたって効率のよい運転が可能になり、省エネルギーに貢献。さらに、付帯設備を含めたシステムの効率を向上させることが可能。定格運転時の冷却水量を70%に減じた仕様にも対応でき、冷却水ポンプの消費電力のさらなる削減も可能。その他、従来機と比べ約20%の軽量化、操作性・視認性の向上も実現した。同製品は281kWから3,517kW(80RTから1,000RT)の18機種をラインナップしている。

ナチュラルチラーは、ガスや油を燃料とし、水を冷媒とするクリーンな冷暖房用機器。電気空調に比べ消費電力が少ないことから、東日本大震災以後、夏場のピーク電力負荷の引き下げに貢献している。特に、ジェネリンクは、電力安定化を目的とした分散型発電設備(コージェネレーションシステム)導入が拡大する中、発電と同時に発生する廃温水を熱源として活用し、冷暖房が可能なことから、エネルギーの有効利用に貢献する機器として、より一層の省エネルギー化が期待されている。

なお、「COP」は、成績係数(Coefficient of Performance)と呼ばれ、消費する電力量に対してエアコンが作り出す熱・冷熱量の割合。値が高いほど省エネになる。「期間効率」は、実際の運用条件下における年間を通じた効率のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.