> > 夏至と七夕は夜間消灯 環境省のキャンペーンに日立・通天閣が参加表明

夏至と七夕は夜間消灯 環境省のキャンペーンに日立・通天閣が参加表明

記事を保存
夏至と七夕は夜間消灯 環境省のキャンペーンに日立・通天閣が参加表明

日立グループは、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加することを発表した。日立は、同キャンペーンの特別実施日に全国266箇所で、ネオンや看板照明、構内外灯などの消灯を実施する予定。この消灯による電力使用削減量は、約7,200kWhとなる見込みだ。

環境省は、2003年より地球温暖化の防止のため、ライトアップ施設の消灯を呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施している。今年は、6月21日(土)から7月7日(月)までの間を啓発期間としており、ライトアップ施設や家庭での消灯を呼びかけている。

特に、夏至である6月21日と七夕の7月7日の夜間をライトダウン特別実施日として、消灯への参加者を募っている。今年のスローガンは「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。」である。

通天閣観光でも同キャンペーンの趣旨に賛同し、市民の環境配慮意識の向上とCO2排出削減に貢献するため、キャンペーンに参加をする予定だ。

啓発期間中は、通天閣の大時計と気象予報部分を除くネオン全面および照明設備の消灯を行う。特に、ライトダウン特別実施日には、大時計と気象予報部分も含めて完全消灯する。これにより通天閣での総電力量を約2,300kWh 削減する見込みだ。

日立は、元々、5月より「日立グループ夏季節電運動」として各種の節電施策を推進しており、その一環としてネオンや広告塔などを含む照明を消灯する節電施策を推進していた。環境省が実施するライトダウンキャンペーンには、スタート時の2003年から継続的に参加し続けている。

日立が推進している「日立グループ夏季節電運動」では、こうしたライトダウンによる節電施策のほかにも、クールビズやPCなどの節電モードの徹底、工場・支社等でのグリーンカーテンの実施など、グループをあげて節電運動を行っている。

また、これらのキャンペーンの節電運動によって、5月から10月にかけて、日立は電力使用量約89万kWhを削減できると予測している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.