> > アジアでの気候変動政策がテーマ 東京でIPCC第5次報告書のシンポジウム

アジアでの気候変動政策がテーマ 東京でIPCC第5次報告書のシンポジウム

 印刷 記事を保存

環境省は、国内での気候変動への取り組みをさらに推進することを目的としたシンポジウム「IPCC 第5次評価報告書(AR5)の主要なメッセージとアジアに対する示唆」を7月23日に開催する。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による「第5次評価報告書」の公表を踏まえ、特にアジアにおける将来的な気候変動政策のあり方に焦点をあてた内容となる。

会場はパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)。参加無料。定員200名。7月16日までに「第6回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2014)」のウェブサイトより申し込みが必要。日英同時通訳あり。なお、本シンポジウムは「ISAP2014」におけるセッションの一つとして開催される。

(※全文:860文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.