アジアでの気候変動政策がテーマ 東京でIPCC第5次報告書のシンポジウム

  • 印刷
  • 共有

環境省は、国内での気候変動への取り組みをさらに推進することを目的としたシンポジウム「IPCC 第5次評価報告書(AR5)の主要なメッセージとアジアに対する示唆」を7月23日に開催する。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による「第5次評価報告書」の公表を踏まえ、特にアジアにおける将来的な気候変動政策のあり方に焦点をあてた内容となる。

会場はパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)。参加無料。定員200名。7月16日までに「第6回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2014)」のウェブサイトより申し込みが必要。日英同時通訳あり。なお、本シンポジウムは「ISAP2014」におけるセッションの一つとして開催される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事