> > 日本テトラパック、飲料紙パックで国内初のFSC CoC認証ラベル取得

日本テトラパック、飲料紙パックで国内初のFSC CoC認証ラベル取得

記事を保存
日本テトラパック、飲料紙パックで国内初のFSC CoC認証ラベル取得

食品の加工処理機器及び紙容器の充填包装システムの大手サプライヤーである日本テトラパック(東京都)は、FSC CoC認証ラベル付きの飲料向け紙容器の出荷を開始した。

同ラベルは、木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関FSC(森林管理協議会)の森林認証を受けた森林から生産された木材が、流通や加工の過程で違法伐採された木材など、履歴が不明確な他の木材と混ざらないよう確実に管理が行なわれていることを認証するもの。

これまで認証を受けた紙製品等を中心に使用されていたが、飲料向け紙容器に表示されるのは国内初。同ラベル付きの紙パックの包材は、今月より店頭に並ぶ予定。今後、消費者はFSC CoC認証ラベル付きの容器を用いた製品を購入することで、世界の森林保全を間接的に支援することができる。

FSC森林認証システムは、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも持続可能な森林経営が適切に行なわれているかどうかを第三者認証機関が審査・認証する制度。FSC認証には、木材製品のサプライチェーンを認証するFSC CoC認証のほか、適切な森林管理で生産していることを認証するFSC FM認証がある。同社は、昨年11月にFSC CoC認証を取得した。

FSC CoC認証ラベル

なお、同社はFSC CoC認証ラベルの認知度向上、森林保全に関する消費者の理解促進を支援するため、8月下旬よりオンラインコンテンツを活用したキャンペーンを予定。消費者の環境意識の向上につながるよう、持続可能な森林資源の利用と生物多様性について、幅広い層に情報発信することを目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.