> > 日本テトラパック、飲料紙パックで国内初のFSC CoC認証ラベル取得

日本テトラパック、飲料紙パックで国内初のFSC CoC認証ラベル取得

 印刷 記事を保存

食品の加工処理機器及び紙容器の充填包装システムの大手サプライヤーである日本テトラパック(東京都)は、FSC CoC認証ラベル付きの飲料向け紙容器の出荷を開始した。

同ラベルは、木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関FSC(森林管理協議会)の森林認証を受けた森林から生産された木材が、流通や加工の過程で違法伐採された木材など、履歴が不明確な他の木材と混ざらないよう確実に管理が行なわれていることを認証するもの。

これまで認証を受けた紙製品等を中心に使用されていたが、飲料向け紙容器に表示されるのは国内初。同ラベル付きの紙パックの包材は、今月より店頭に並ぶ予定。

(※全文:600文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.