> > 「大阪ガスのガス利用技術」×「新日鉄住金の省エネ技術」 タイで合体

「大阪ガスのガス利用技術」×「新日鉄住金の省エネ技術」 タイで合体

記事を保存
「大阪ガスのガス利用技術」×「新日鉄住金の省エネ技術」 タイで合体

大阪ガスは、新日鉄住金エンジニアリングと提携して、タイ国における天然ガスコジェネレーションシステムを活用したオンサイト事業を行うことを発表した。

大阪ガスは、2013年3月に同社の100%持ち株会社であるシンガポール現地法人Osaka Gas Singapore Pte. Ltd.(OGS)を設立し、シンガポールにおける産業用ガス販売事業や東南アジアを中心にエネルギー関連企業グループの管理・運営などを行っている。

一方、新日鉄住金エンジニアリングも、持ち株100%のタイ現地法人Nippon Steel Engineering Energy Solutions (Thailand) Ltd.(NSET)を2012年6月に設立。タイ国におけるコジェネ・オンサイト事業を推進していた。

両社は、同業務提携により、タイのエネルギー市場に高度なコジェネを活用したオンサイト事業を展開する予定だ。大阪ガスの持つ天然ガスの高度利用に関するノウハウと、新日鉄住金エンジの省エネ技術や高効率コージェネに関する設備エンジニアリング技術を組み合わせる。

また、OGSはNSETに出資し、それに伴い、NSETの正式名をNS‐OG Energy Solutions (Thailand) Ltd.と変更する予定だ。

コージェネレーションシステムとは、発電する際に同時発生する廃熱を蒸気・給湯・暖房・冷房などに有効活用するシステムのこと。天然ガスコージェネとは、天然ガス発電時に同様のことをすること。

タイ国のエネルギー市場は、経済発展にともない拡大すると見込まれており、エネルギーコストや環境影響などの関心が急速に高まっている。

大阪ガスと新日鉄住金エンジは、自社の技術やノウハウを用いて、コージェネの導入や化石燃料からクリーンエネルギーへの転換などを行い、タイ国におけるCO2削減に貢献しながら自社の事業拡大を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.