> > 衛星写真を使って森林の質を解析する技術 REDD+の効率化に期待

衛星写真を使って森林の質を解析する技術 REDD+の効率化に期待

 印刷 記事を保存

三菱総合研究所と日本電気の2社は、地球環境センター(GEC)が公募した、平成26年度の二国間クレジット制度による実現可能性な調査委託業務に、衛生画像技術を活用したREDD+共同事業を提案し、採択されたことを発表した。この共同事業は、環境省の委託を受けて、昨年度から引き続き行われている。

今年度の調査では、バイオマスの推定評価に基づいた森林分類手法の新たな試みが行われる。そのために、三菱総研とNECは、インドネシア東カリマンタン州にあるオランウータンなどの野生動物保護のための森林保護を目的に、現地調査と合わせて、高分解能の衛星画像を組み合わせて解析し、森林が一次林か二次林の分類を行う。

(※全文:782文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.