> > イオンディライト、「デマンドレスポンス」開始 電力ピーク時に節電すれば協力金

イオンディライト、「デマンドレスポンス」開始 電力ピーク時に節電すれば協力金

記事を保存
イオンディライト、「デマンドレスポンス」開始 電力ピーク時に節電すれば協力金

イオンディライト(大阪市)は、関西電力・九州電力とともに、夏季デマンドレスポンスサービスを開始したと発表した。実施期間は7月から9月までで、高圧契約の需要家を対象に、需給逼迫時等における電力需要抑制に関するサービスを提供する。

本事業は、夏季の電力逼迫時等、関西電力・九州電力から電力需要抑制依頼があった際に、イオンディライトが各電力会社管内の高圧契約の需要家を対象に、電力会社の指定する時間帯において、同社が電力需要状況を監視し、需要家施設の負荷調整を実施するもの。また、イオンディライトは、需要家に対して電力需要抑制の実績に従って需要家に協力金を支払う。

イオンディライトは、独自のエネルギーマネジメントシステム「Ad-BEMS」により、各施設におけるエネルギー使用量を正確に把握するとともに、機器の遠隔監視・自動制御と設備管理員の最適なオペレーションによりエネルギーコストの低減を実現している。

今夏の電力需給は、原子力の再稼働がないため、昨夏より厳しい需給状況となることが予測されている。関西電力と九州電力は、電力の安定供給確保に向けた対策として、7月~9月、BEMS等のエネルギー管理システムを高圧(契約電力500kW未満)の顧客に設置し、電力使用状況を常時監視しているBEMSアグリゲーター事業者と連携し、需給逼迫時等における電力需要抑制を行う取り組みを実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.