> > リチウムイオン蓄電池より高性能? 京大が新型マグネシウム二次電池を開発

リチウムイオン蓄電池より高性能? 京大が新型マグネシウム二次電池を開発

 印刷 記事を保存

京都大学の研究グループと高輝度光科学研究センターは、既存のリチウムイオン蓄電池に置き換わることが可能な高エネルギー密度マグネシウム金属二次電池の開発に成功した。開発された二次電池は、埋蔵量の多いマグネシウム、鉄、シリコンが主な構成元素で低コスト化が期待される。また、融点の高いマグネシウム金属に置き換えたことで電池の熱的安定性が改善され、従来のリチウムイオン電池よりも飛躍的に安全性が向上する。

今後の研究開発により、マグネシウム二次電池の実用化が加速され、安価で安全な電気エネルギーの貯蔵媒体が実現することで、変動の大きい再生可能エネルギーを貯蔵するなど新しいエネルギー安定供給の道が拓かれることが期待される。

(※全文:931文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.