> > 環境省が「温暖化対策の計画書制度」でステップアップしたい自治体を募集

環境省が「温暖化対策の計画書制度」でステップアップしたい自治体を募集

記事を保存

環境省は、地方公共団体の地球温暖化対策などの計画書制度のステップアップのための支援プログラムを実施し、参加する自治体を募集している。選定された自治体の希望に合わせ、同省と委託事務局による「計画書制度等への指導と助言」「評価制度の導入と強化」に関する支援が行われる。

応募締め切りは、7月30日まで。8月上旬には、これにより選定された団体に向けて、支援プログラムが開始される。

支援プログラムの一例は下記の通り。

  1. 評価制度の導入検討、実施支援
  2. 省エネ診断ツールの開発
  3. 現地調査の検討、マニュアルの整備、試行支援
  4. 事業者へのインセンティブを付与するための取組検討、実施支援
  5. 排出削減ポテンシャル実現の効果の調査

応募対象となるのは、地方自治法に定める普通地方公共団体のうち、都道府県及び指定都市であって、地球温暖化に関する計画書制度等を運用し、制度のステップアップに取り組む団体。同プログラムは、事業計画とその進捗及び成果を、他の団体と共有することも目的のひとつとして実施される。

地球温暖化対策計画書制度は、温室効果ガスの排出量が相当程度多い事業所を対象に、地球温暖化対策計画書の提出と公表を求めることにより、地球温暖化対策への計画的な取組を求めるもの。

【参考】
環境省 - 「地方公共団体における地球温暖化対策等に係る計画書制度ステップアップのための支援プログラム」参加自治体の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.