> > 長野県、小水力発電の候補地164カ所発見

長野県、小水力発電の候補地164カ所発見

記事を保存
長野県、小水力発電の候補地164カ所発見

長野県は、県内の基幹的な農業用水路を調査した結果、小水力発電の候補地として可能性のある地点が164カ所あったと発表した。

長野県は、農村地域に潜在する資源を活かし、行政による用水路の維持管理の負担軽減を目的に、県内すべての基幹的農業用水路(受益面積100ha以上)約700kmを調査した。調査箇所は、水量と落差から10kW以上の発電が見込まれ、施設の種類や発電規模等から候補地として可能性のあった465地点。

県の発表によると、そのうち小水力発電の候補地として可能性のある地点は164箇所であり、これら全ての場所で発電された場合、推定される発電出力は25,727kWにおよぶとの調査結果が出た。これは、1世帯当たりの月平均電力量を約300kWhと仮定すると、約40,000世帯の消費電力量に相当する。

小水力発電の候補地として可能性のある地点の出力別にみた分布は、10~50kW未満が65箇所、50~200kW未満が66箇所、200~500kW 未満が21箇所、500kW以上が12箇所であった。

県では、こうした農業用水路を利用した小水力発電の普及拡大として、土地改良区などの施設管理者のほか、発電事業に参入する民間事業者への支援も積極的に行っている。

具体的には、施設管理者のみでは難しい、発電規模の大きい地点での事業における連携支援のほか、導入に必要な技術力向上のための研修会の開催や、全国小規模発電サミットでの啓発などが挙げられる。また、「自然エネルギー地域発電推進事業」として、現状農水省などからの補助事業がない民間事業者単独での事業へも補助を行っていく。(※平成26年度分は募集終了)

【参考】
長野県 - 農業用水路を利用した小水力発電の普及拡大を進めます

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.