> > 小水力発電をベースにしたスマートコミュニティ 兵庫県で調査開始

小水力発電をベースにしたスマートコミュニティ 兵庫県で調査開始

記事を保存

ひょうご環境創造協会、関西学院、洸陽電機及び地域計画建築研究所は、兵庫県神崎郡神河町越知谷地区において、「越知谷小水力発電をベース電力とするスマートコミュニティ創出に係る事業可能性調査」を共同で実施する。

このうち、関西学院は、兵庫県神崎郡神河町の2つの集落の工場や民家で実測されるエネルギー消費動態に基づき、再生可能エネルギーの導入促進や需要者の省エネ行動も考慮した「エネルギー需給システムの最適設計・最適運転シミュレーション」を担当する。

洸陽電機は、エネルギー事業者として計測業務、小水力発電計画を含めたFS(フィージビリティ・スタディ)調査を行う。同社は、水力発電開発の経験・実績を持つ技術者を多く擁しており、現在、東北地方を中心に地域一体となった水力発電の開発を展開するため、数カ所の水力発電のポテンシャル調査を計画・実施している。

なお、本調査は、新エネルギー導入促進協議会の「平成26年度スマートコミュニティ構想普及支援事業費補助金」に、ひょうご環境創造協会が代表申請者となり、官・産・学の連携体制で申請し、採択されたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.