> > レアメタルの代替・使用量低減 新技術開発の助成先6件が決定

レアメタルの代替・使用量低減 新技術開発の助成先6件が決定

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、使用量のさらなる伸びが予想される希少金属の代替・使用量低減技術の開発を行う、平成26年度「希少金属代替・低減省エネ材料技術実用化開発助成事業」の助成予定先を決定した。

今回採択されたのは、ダイナックス、レンゴー、三井金属鉱業、三菱マテリアル、堺化学工業、ノリタケカンパニーリミテドの6件。このうち三井金属鉱業は、ディーゼルの排ガス触媒について、白金族(Pt)の使用量を低減した銀系触媒を、三菱マテリアルは、超硬工具に使用されているタングステン(W)とコバルト(Co)を使わない窒化チタン(TiN)をベースとし、耐摩耗性を向上させた超硬材料を開発する。事業期間は平成26年度~平成27年度。事業終了後数年内での実用化を目指す。

助成予定先は以下の通り。

テーマ名 内容 助成予定先
NdおよびDyの削減に資する超小型自動車向けレアアースレスインホイールモータの開発 超小型自動車向けのネオジウム磁石を使わないインホイールモータを開発 ダイナックス
Eu、Ce、Y不使用型Ag含有ゼオライト蛍光体の開発とその利用に関する研究 通常の蛍光体に使用されている、ユーロピウム(Eu)、セリウム(Ce)、イットリウム(Y)を使わない新規の蛍光体を開発 レンゴー
白金族代替Ag系DPF触媒システムの実用化開発 ディーゼルの排ガス触媒について、白金族(Pt)の使用量を低減した銀系触媒を開発 三井金属鉱業
窒化チタンをベースとする超硬工具向けタングステン、コバルト代替材料の開発 超硬工具に使用されているタングステン(W)とコバルト(Co)を使わない窒化チタン(TiN)をベースとし、耐摩耗性を向上させた超硬材料を開発 三菱マテリアル
太陽電池用波長変換材料としてのイットリウム、ユーロピウム低減蛍光体の実用化開発 蛍光体に使用されているイットリウム(Y)、ユーロピウム(Eu)の使用量を低減した、新規蛍光体を実用化開発 堺化学工業
排ガス浄化用触媒の白金族使用量低減代替技術の開発 自動車の排ガス触媒に使用されている白金族(Pt、Pd)使用量を低減することができる、、助触媒を開発 ノリタケカンパニーリミテド

NEDOは、2008年度より希少金属代替省エネ材料開発プロジェクトにおいて、希少金属の代替・使用量低減の技術開発を行っている。希少金属は、排ガス触媒や超硬工具、モータなど様々な部材の高機能化、高性能化に必要な元素だが、他の金属と比較して産出量が少なく、産出国も偏在することから、需要と供給のバランスが崩れることが懸念されており、NEDOは同プロジェクトを通じて、希少金属の供給リスク軽減を目指している。

【参考】
NEDO - 希少金属の代替・使用量低減目指す助成事業を開始―白金族やタングステンなど6テーマ―

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.