> > 三井住友銀行、太陽光発電事業向け融資の取り扱い開始 最大5億円

三井住友銀行、太陽光発電事業向け融資の取り扱い開始 最大5億円

記事を保存

三井住友銀行は、2MW未満の太陽光発電事業向けの融資「SMBCソーラーローン」を、定型商品として取扱いを開始した。

同商品は、2MW未満の太陽光発電設備開発資金(土地の造成工事費用を含む)に対して、5,000万円以上5億円未満、貸し出し期間最長16年で実施される融資商品。手数料は貸出金額の2%(消費税込)だ。

同行ではこれまでも太陽光発電事業者に対し、プロジェクトファイナンスの組成を行ってきたが、よりスピーディーに対応する目的で、同融資を定型商品化した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.