> > 山口県で「純水素型」燃料電池システムの実証事業がスタート

山口県で「純水素型」燃料電池システムの実証事業がスタート

 印刷 記事を保存

東芝燃料電池システムは、山口リキッドハイドロジェン、長府工産、岩谷産業と共同で、水素のみを燃料とし高い効率性と耐久性を備えた純水素型燃料電池システムの研究開発・実証事業を今月下旬から開始する。

本事業は、山口県が今年4月に公募した「平成26年度 やまぐち産業戦略研究開発等補助金」において、「世界初 純水素型燃料電池コジェネレーションシステムの開発及び水素需要の拡大」をテーマとして採択されたもの。実証期間は2017年度までの4年間で、実証で得られた成果を活用し、純水素型燃料電池システムの普及拡大を目指す。

(※全文:834文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.