> > 建物外観をスッキリ見せる「太陽電池一体型ルーバー」に新商品 出力35%UP

建物外観をスッキリ見せる「太陽電池一体型ルーバー」に新商品 出力35%UP

記事を保存
建物外観をスッキリ見せる「太陽電池一体型ルーバー」に新商品 出力35%UP

三協立山・三協アルミ社(富山県高岡市)は、アルミ型材ルーバーに太陽電池モジュールを組み込んだ、「太陽電池一体型目隠しルーバー」の新型「205タイプ」を発売した。

2011年発売の従来品「175タイプ」と設置角度は同じままで、サイズや太陽電池パネルのセル角を大きくしたことにより、発電効率をさらにアップさせたのが特長。新型「205タイプ」は「モジュール1枚タイプ」と「モジュール2枚タイプ」の2種類あり、最大出力は1枚タイプが38W、2枚タイプが76W。1枚タイプの出力を従来品(28W)と比べると、35%アップしている。

新型「205タイプ」の特長は以下の通り。

  1. 意匠性と環境に配慮
    目隠しルーバーに太陽光発電パネルを組み込んだ環境対応型商品。断面形状が同じで太陽電池がない一般ルーバーも用意しており、統一した外観に仕上げることができる。
  2. フレキシブルに設置可能
    既存建物にも取り付けられ、リフォームにも対応可能。屋上や階段、壁面部にも設置できる。
  3. 降雪地域に対応かつ発電量を確保
    住宅の屋根などに設置する傾斜30°設置タイプの標準架台型と比較すると、90度設置タイプの一般ルーバー型では発電量が約65%となり、3割以上ダウンしてしまうが、太陽電池一体型ルーバーでは太陽電池パネルの傾斜角度を83度に設定することにより、約78%の発電量を確保することができる。わずかな傾斜とはいえ、7度傾けるだけで垂直設置に比べて13%ほど発電効率がアップする。また、降雪域にも対応可能。

なお、太陽電池一体型目隠しルーバーは、外からの視界を遮ったり、屋外設置の空調設備などの目隠しとして設置する目隠しルーバーに太陽光パネルを一体化することで、発電をしながら、かつ屋外の外観をスッキリと見せることができる商品。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.