> > 電力システム改革、また一歩前進 「重要送電設備」第一号が指定

電力システム改革、また一歩前進 「重要送電設備」第一号が指定

 印刷 記事を保存

経済産業省は、22日付で、周波数の異なる東日本と西日本の電力の融通量を90万kW増加するために必要な送電設備を「重要送電設備等」として指定した。

これは重要送電設備等の指定制度の第一号案件となる。この指定により、関係法令上の手続き等が円滑化される。平成32年度に当該設備の運用開始する予定。

今回、重要送電設備等として指定したのは、東京電力及び中部電力の東京中部間直流幹線、東京中部間連系変換所分岐線、新信濃変電所交直変換設備、東京中部間連系変換所(いずれも仮称)。

なお、重要送電設備等の具体的な設置場所については、今後、関係法令等の手続きや地元の方々との合意を経て決めることとなる。

(※全文:845文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.