> > 太陽光発電協会、「太陽光発電システムシンポジウム」を10月に開催

太陽光発電協会、「太陽光発電システムシンポジウム」を10月に開催

 印刷 記事を保存

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)は、10月23、24日に開催する「第31回太陽光発電システムシンポジウム」の参加申し込みの受付を開始した。

サブタイトルを「日本版FIT:太陽光発電の大量導入時代を迎えて」とし、太陽光発電産業の進むべき道、これからのFITと電力システム改革、太陽光発電ビジネスの可能性、太陽光発電の大量導入を可能にする最新技術動向などについて、講演とシンポジウムを行う。

場所はヒューリックホール(東京都台東区)。参加費は、JPEA会員は2日券/2万6,000円、1日券/1万5,000円、一般は2日券/2万9,000円、1日券/1万8,000円(税込)。定員は400名。23日には情報交換会も開催。会費5,000円で事前申し込みが必要。問合せは、ICSコンベンションデザイン内「太陽光発電システムシンポジウム事務局」まで。

プログラム概要は以下の通り。

(※全文:1,606文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.