> > 福島原発汚染水から放射性物質を分離する技術検証、海外3社に決定

福島原発汚染水から放射性物質を分離する技術検証、海外3社に決定

記事を保存

経済産業省は、福島第一原発内で発生する汚染水で分離できず残る放射性物質「トリチウム」の分離技術検証試験事業を行う事業者を採択した。今回は海外企業も参加可能な形で実施され、採択された3社は全て海外企業(アメリカ、カナダ、ロシア)だった。

同事業は、(1)トリチウム分離技術に関する分離性能、(2)仮に福島第一原発に設備を設置し、実際に発生する多核種除去設備による処理後の水を処理するのに必要な、設備の建設コスト・ランニングコストの検証を目的としたもの。具体的には、福島第一原発内で発生しているトリチウム水を対象に、分離性能の検証を行うため、任意の規模の設備を構築し、分離性能、建設コスト・ランニングコストを評価できる検証試験を行う。

なお、同事業はトリチウム分離技術に関する最新の知見を得るために実施するものであり、トリチウムの分離処理を行うことを決定したものではない。

経産省は、廃炉・汚染水対策について、国内外の叡智を結集し、技術的困難性の高い課題に対応するため、「廃炉・汚染水対策基金」を設置し、実現可能性がある技術について、実証試験・要素技術開発を支援する「汚染水処理対策技術検証事業(トリチウム分離技術検証試験事業)」を行っている。

【参考】
経済産業省 - トリチウム分離技術検証試験事業の採択事業者が決定しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.