> > 三重県桑名市で大規模なHEMSのトライアル事業 3500世帯のモニター募集

三重県桑名市で大規模なHEMSのトライアル事業 3500世帯のモニター募集

記事を保存

KDDI、KDDI研究所(埼玉県)は、経済産業省が実施する「大規模HEMS情報基盤整備事業」として、三重県桑名市の協力を得て、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の利活用に関するトライアル事業を2015年4月より開始する。これに伴い、9月下旬より桑名市において約3,500世帯のモニターを募集する。

KDDIは、モニター世帯にHEMSを導入し、情報基盤システムを活用してHEMSデータ利活用事業者に対して電力データを提供。HEMSデータ利活用事業者は、クラウド上の電力データを活用して、テレビのデータ放送との連携サービス、クーポンを利用した来店サービスなど、暮らしを便利で豊かにする生活支援サービスを提供する。

KDDI研究所は、モニターに安心・安全に生活支援サービスを利用してもらうため、モニターが各自で設定するプライバシーポリシーに従って、電力データの利用を制御するシステム「プライバシーポリシーマネージャー(PPM)」を提供し、プライバシーを保護する。また、電力データをライフスタイルなどの付加価値データに変換する分析機能を提供し、HEMSデータ利活用事業者による多種多様な生活支援サービスの創出を支援する。

PPMは、個人情報の利活用におけるプライバシーの懸念を払拭し、個人情報を提供する顧客、個人情報を管理する事業者、個人情報を利用する事業者にとって最適な情報管理を実現するために、KDDI研究所が開発した個人情報の管理・制御システム。

このPPMを大規模HEMS情報基盤に組み込むことにより、モニターのプライバシーポリシーに基づき、HEMSデータ利活用事業者に提供する電力データの管理・制御行うことができる。また、HEMSデータ利活用事業者への提供後、電力データの利活用状況を確認することも可能になる。

大規模HEMS情報基盤整備事業では、KDDIと東日本電信電話、ソフトバンクBB、パナソニックの4社を幹事企業とするコンソーシアムが連携し、全国約1万4千世帯のモニターに対してHEMSを導入し、各家庭の電力データを一元的にクラウド管理する情報基盤システムを構築する。HEMS設置対象エリアは、桑名市に加えて、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、中部(静岡県静岡市)、九州(みやま市)、東北(福島県会津若松市)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.