> > 「第3回カーボンニュートラル賞」公募開始 建物のCO2排出削減を表彰

「第3回カーボンニュートラル賞」公募開始 建物のCO2排出削減を表彰

記事を保存
「第3回カーボンニュートラル賞」公募開始 建物のCO2排出削減を表彰

建築設備技術者協会は、建物からのCO2排出をできるだけゼロに近づける「カーボンニュートラル化」に資する建築設備の取組みを表彰する「第3回カーボンニュートラル賞」の募集を開始した。

本表彰では、下記4つの取組みを定性的に評価すると共に、エネルギー消費実績値や、一次エネルギー削減量・CO2削減量などを定量的に評価する。

  • 省エネルギーの取組み・工夫
  • 低カーボンエネルギーへの転換
  • 再生可能エネルギー利用・工夫
  • カーボンクレジット等

建築設備技術者協会は、建築士法に基づく国家資格者である「建築設備士」および公益社団法人空気調和・衛生工学会「設備士」を中心とした会員を擁する高度な建築設備技術を備えた専門家の職能団体。「建築設備士」は、建築士に対して建築設備の技術的アドバイスを与える技術者として法的に位置付けられている。

本表彰は、建築設備士(同協会会員または賛助会員に限る)が関与する、個人を含む応募、または機関の応募を対象としている。

第2回(平成25年度)カーボンニュートラル賞では、「栃木県庁舎における低環境負荷建築の実現」が大賞を受賞した。本建築では、建築設備士が主体となり、「ローテク」で「設備に頼らない」環境建築をつくるため、自然換気をはじめとするさまざまな技術をシミュレーション等で検証・検討・提案を行い、カーボンニュートラル建築を構築した点が評価された。

その他「第3回カーボンニュートラル賞」の概要は下記の通り。

対象業績

下記に示す広範囲な業績を対象とする。

  • 種類
    建築物全体、建築設備、その他
  • 対象
    新築、改修、その他
    (※設備単体や小規模でも地域の特性を生かした優れた取組みなども評価する)

各賞

(1)カーボンニュートラル賞

応募業績の所在地に関わる同協会の支部ごとに選出
※関東支部:2件、その他支部:1件

(2)カーボンニュートラル大賞

各支部から選出されたカーボンニュートラル賞の中から、最も優れたものを1件選出する

2014年度応募期間

事前登録:10月10日まで事前登録の書類を事務局まで提出
 応募:11月7日まで応募資料を事務局まで提出

選考スケジュール

(1)「カーボンニュートラル賞」の選考

平成26年12月初旬~平成27年1月中旬頃

(2)「カーボンニュートラル大賞」の選考

平成27年2月初旬~3月中旬頃

【参考】
一般社団法人 建築設備技術者協会 - 「カーボンニュートラル賞」第3回(平成26年)応募要領

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.