> > 宮崎県、施設園芸の地中熱利用を促進 農業試験場での導入計画を公募

宮崎県、施設園芸の地中熱利用を促進 農業試験場での導入計画を公募

記事を保存

宮崎県は、施設園芸の地中熱利用を促進するため、県の総合農業試験場における地中熱等利用事業の事業化計画策定の企画提案を一般から公募する。

業務内容は、宮崎県内の総合農業試験場等における、施設園芸のエネルギー消費量の現状把握調査、地中熱利用設備の導入候補施設の選定、導入における水理地質調査・熱需要調査・その他計画に必要な諸調査、導入後に見込まれる省エネ効果・CO2削減効果・光熱費等削減効果の算定、設備導入に必要な設計など。

対象は、九州管内に支社・支店・営業所があり、農業における地中熱ヒートポンプに関する業務(設計、工事等)あるいは類似した業務を受託した実績がある者。事業期間は、契約締結から2015年3月2日まで。事業費は9,547,000円(消費税、地方消費税を含む)。

応募希望者は、必要書類を揃えて電子メールまたはFAXにて提出。応募受付期間は2014年10月8日(水)午後5時まで。その後2014年10月10日(金)午後5時までに企画提案書を提出する。

また、県は事業内容等に関して質問受付を行っている。質問は質問書に記入して電子メールまたはFAXて提出し、同様に電子メールまたはFAXにて回答される。質問受付期間は2014年10月3日(金)午後5時まで。

【参考】
宮崎県 - 地中熱利用事業事業化計画策定業務委託の企画提案実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.