> > 東京都・田町駅に「スマートエネルギーネットワーク」 熱・電力の供給スタート

東京都・田町駅に「スマートエネルギーネットワーク」 熱・電力の供給スタート

記事を保存
東京都・田町駅に「スマートエネルギーネットワーク」 熱・電力の供給スタート

東京ガスと、東京ガスの100%出資子会社であるエネルギーアドバンス(東京都)は、港区の公共公益施設、愛育病院、児童福祉施設の3施設に、熱と電気を効率的に供給する「スマートエネルギーネットワーク」を構築し、11月1日から熱と電気の供給を開始した。

これにより1990年基準と比べてCO2排出量約45%削減を目指すとともに、防災に強いまちづくりに貢献したい考えだ。将来的には、同地区のII街区(西側エリア)の開発に合わせて、II街区に第二スマートエネルギーセンターを設置し、先行する同センターと連携することを予定しており、同地区全体で、約45%のCO2削減を目指す。なお、都市再開発エリアでスマートエネルギーネットワークを構築するのは日本で初めて。

同ネットワークは、環境性に優れ、防災に強いまちづくりに貢献するため、田町駅東口北地区のI街区(東側エリア)に設置した第一スマートエネルギーセンターを中心に構築されたもの。太陽熱集熱器や太陽光発電パネル、地下トンネル水などの再生可能エネルギー、未利用エネルギーを積極的に活用することで、省エネ、省CO2を実現する。

田町駅東口北地区におけるスマートエネルギーネットワークのイメージ

田町駅東口北地区におけるスマートエネルギーネットワークのイメージ

具体的には、地域に熱を供給する事業として初めて、年間を通して温度変化の少ない地下トンネル水の温度特性を活用し、太陽熱を夏は冷房、冬は暖房に活用する。また、大規模な太陽熱集熱パネルを歩行者デッキの屋根面に設置することで、来訪者への「見える化」も行う。さらに、地域内に設置された太陽光発電システムの発電電力が天候等で変動するのをガスエンジンコージェネレーションシステムで補完し、商用電力系統への影響を最小限に留める。

田町駅東口北地区におけるスマートエネルギーネットワークの太陽熱集熱パネル(左)と地下トンネル水配管(右)

太陽熱集熱パネル(左)と地下トンネル水配管(右)

また、BCP対応として停電対応タイプのコージェネレーションシステムを活用し、系統電力がストップした場合にも電気と熱の供給を継続し、防災拠点となる公共公益施設や病院におけるエネルギーセキュリティの向上を図る。さらに、情報通信技術(ICT)を活用し、エリア全体の需要情報を収集し各建物のエネルギー需給を最適に制御するシステム「SENEMS」を導入することで、リアルタイムでの空調制御やエネルギーの見える化を可能にする。

東京ガスとエネルギーアドバンスは、「チャレンジ2020ビジョン」で掲げた、地域全体でエネルギーを賢く使う「地域のスマート化」を同地区で具現化し、他の地域への展開を積極的に行っていきたい考えだ。

主要機器 設備能力・設置場所等 設備導入者
ガスコージェネレーションシステム 370kW×2台(エンジン、停電対応機種)
105kW×1台(リン酸型業務用燃料電池、停電対応機種)
第一スマートエネルギーセンター
※運営は株式会社エネルギーアドバンス
太陽熱集熱パネル 288m2(空調利用、歩行者デッキ屋根部)
蒸気吸収ヒートポンプ 676kW(地下トンネル水活用)
太陽光発電システム 約65kW(屋上、歩行者デッキ屋根部) 港区
風力発電システム 約1kW×2台(屋上)
太陽熱集熱パネル 167m2(プール加温用、屋上)
太陽光発電システム 約8kW(屋上) 愛育病院

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.