> > アスベスト問題、新たに51件が指定疾病認定

アスベスト問題、新たに51件が指定疾病認定

記事を保存

環境省は、石綿(アスベスト)による健康被害の救済に関する法律に基づき、環境再生保全機構からの申し出に対する医学的判定を行い、判定結果を同機構に通知した。判定は、医療費等の申請に係る69件について行われ、そのうち認定疾病の判定を受けたのは41件、認定されなかったものは4件、判定が保留されたものは24件だった。

また、特別遺族弔慰金等の請求に係る19件についての判定では、認定疾病の判定を受けたのは10件、認定されなかったものは4件、判定が保留されたものは5件だった。また、今回の判定では、「中皮腫 」「肺がん」についてのみで、「石綿肺」「びまん性胸膜肥厚」についての判定の申し出はゼロ件だった。

今回の医学的判定に係る主な審議会は9月から10月までの間に、3回実施された。また、機構から申し出のあった件数のうち、29件(医療費等の申請21件、特別遺族弔慰金等の請求8件)は、これまでに石綿を吸入することにより当該指定疾病にかかったかどうか判定できないとされ、機構から申請者又は医療機関に対して判定に必要な資料を求め、判定を行ったが、今現在も判定が保留されているもの関しては、再度必要書類の提出を求め、改めて判定を行うこととなる。

【参考】
環境省 - 石綿による健康被害の救済に関する法律に基づく指定疾病の認定に係る医学的判定の結果について

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.