> > 理研、ラン藻からのアミノ酸生産を増大 CO2からの有用物質生産に期待

理研、ラン藻からのアミノ酸生産を増大 CO2からの有用物質生産に期待

 印刷 記事を保存

理化学研究所は、微細藻類「ラン藻」を遺伝子改変し、代謝能力や光応答反応を変化させることに成功し、これによりアミノ酸の生産を効率的に増加できることが分かったと発表した。

研究グループは、淡水性ラン藻「シネコシスティス」の遺伝子を改変し、細胞内のHik8タンパク質量を増加させたHik8過剰発現株を作製。このHik8過剰発現株の細胞内代謝産物を測定したところ、炭素の貯蔵源であるグリコーゲンが大きく減少することや、グリシン、アスパラギン酸など、光の条件に応じて7種類のアミノ酸が増加することが分かった。

(※全文:839文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.