> > セブンイレブン、水素ステーションを併設 2015年、東京と愛知でオープン

セブンイレブン、水素ステーションを併設 2015年、東京と愛知でオープン

記事を保存
セブンイレブン、水素ステーションを併設 2015年、東京と愛知でオープン

岩谷産業とセブン-イレブン・ジャパンは、国内初の取り組みとして、コンビニエンスストアに水素ステーションを併設した店舗を展開すると発表した。2015年度、東京都と愛知県に併設店舗2店舗を順次オープンする。

また、セブン-イレブンのコンビニ店舗においては、純水素型燃料電池を活用した店舗の環境負荷低減について実証実験を行い、小売店舗における燃料電池活用の将来性について検証する。

両社は、本店舗併設に関する包括合意書を締結した。両社の将来性と日用性を融合し、「商品」「サービス」「クリーンエネルギー」を一ヶ所で提供することができる地域インフラとしての拠点づくりを目指していく。

岩谷産業は、工業用圧縮水素・液化水素について、製造から輸送・貯蔵・供給・保安まで一貫した全国ネットワークを築いており、長年培ってきたこれまでの国家プロジェクトや地域実証などによる水素ステーションの建設・運営に関する知見やハンドリング技術を生かし、燃料電池自動車への水素供給インフラの基盤確立に注力している。

セブン-イレブンは、地域に根差した店づくりを推進するとともに、『省エネ』『創エネ』『蓄エネ』による総合的な節電に積極的に取り組むことで、総電力使用量の削減とともに、環境にやさしい店舗づくりに取り組んでいる。

次世代の本命ともいわれる燃料電池車(FCV)。トヨタ自動車が12月15日に世界に先駆けて、FCV「MIRAI」の一般販売を開始し、ホンダも来年度中のFCVの販売を予定している。水素ステーションの整備は、FCV普及の鍵を握る。政府は、規制見直しや導入支援等により、四大都市圏を中心に、2015年内に100カ所程度の水素ステーションの整備を行う方針を示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.