> > 福岡県・北九州市の新しい水素ステーション 太陽光発電で水素を製造

福岡県・北九州市の新しい水素ステーション 太陽光発電で水素を製造

記事を保存
福岡県・北九州市の新しい水素ステーション 太陽光発電で水素を製造

ホンダは、北九州市、岩谷産業と共同で、ホンダの独自技術高圧水電解システムを採用した、パッケージ型「スマート水素ステーション」を、北九州市エコタウンセンター内に設置した。

同水素ステーションは、コンプレッサーが不要な高圧水電解システムを採用し、高圧水素タンクから充填ノズルまでの主要構成部位がパッケージ型に収納されており、設置工事期間と設置面積が大幅に削減できる。

また、北九州市エコタウンセンターでは、敷地内の太陽光発電パネルによって発電された電力を使って水素を製造しており、将来的には風力発電などの多様な再生可能エネルギーによる、CO2排出ゼロの水素製造を目指す。

現在、ホンダは燃料電池自動車「FCXクラリティ」を用い、「北九州スマートコミュニティ創造事業」における共同実証実験として、燃料電池自動車から家庭への電力供給や、蓄電池への継ぎ足し充電を行っている。今後は、今回設置したスマート水素ステーションによって製造過程においてCO2排出ゼロの水素を供給することにより、エネルギーの地産地消を実現するV2H・非常用V2L(Vehicle to Load)の実証試験を進めたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.