> > バイオマスからテトラヒドロフランを高効率で合成 石油代替しCO2削減に貢献

バイオマスからテトラヒドロフランを高効率で合成 石油代替しCO2削減に貢献

 印刷 記事を保存

東北大学大学院工学研究科の研究グループは、化学メーカーのダイセルとの共同研究により、糖の発酵と脱水により得られる「1,4-アンヒドロエリスリトール」から、溶媒等で幅広く利用される「テトラヒドロフラン(THF)」を高効率で合成する触媒反応系の開発に成功した。

開発した反応系では、レニウムとパラジウムを酸化セリウムに担持させた触媒を用い、1,4-アンヒドロエリスリトールを水素還元することで99%以上の収率でTHFを得ることができる。反応速度及び触媒の安定性もきわめて優れている。さらに糖アルコール類の部分還元にも適用でき、キシリトールからペンタノール類、ソルビトールからヘキサンジオール類を85%以上の収率で得ることに成功した。

(※全文:1,446文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.