> > 大型貨物用の専用コンテナでトラックから鉄道輸送へ切替え CO2大幅削減

大型貨物用の専用コンテナでトラックから鉄道輸送へ切替え CO2大幅削減

記事を保存
大型貨物用の専用コンテナでトラックから鉄道輸送へ切替え CO2大幅削減

日東工業(愛知県)は、トラック輸送していた大型貨物を専用コンテナを開発して鉄道輸送へ切り替えることで二酸化炭素排出量を削減した取り組みが「第13回グリーン物流優良事業者表彰」の特別賞を受賞したと発表した。

この取り組みは、日本貨物鉄道(JR貨物)、日本通運、総合車両製作所との協業事業。汎用コンテナに入りきらないキュービクル(受電・変圧装置が収納された鉄製の設備)専用の私有コンテナを製作し、6カ月で約47tのCO2削減を実現した。長距離トラック輸送から環境負荷の低い鉄道輸送への可能性を広げ、物流分野における地球温暖化対策に貢献したことが評価された。

経済産業省では、荷主及び物流事業者等の協力により物流分野における地球温暖化対策に顕著な功績があった優良な取り組みに対し、平成18 年度より毎年「グリーン物流優良事業者表彰」を実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.