> > シャープ、米太陽光関連子会社をカナディアン・ソーラーに売却

シャープ、米太陽光関連子会社をカナディアン・ソーラーに売却

 印刷 記事を保存

シャープは、3日、米国・連結子会社(孫会社)で太陽光発電所の開発を手掛けるリカレント社を、太陽電池パネルメーカーのカナディアン・ソーラー(カナダ)に売却すると発表した。リカレント社の売却額は304億円。

同社は、平成23年度、平成24年度の業績の悪化に伴い、ディベロッパー事業は開発の初期費用として多額の資金を要するうえに収益の変動が大きいことから、リカレント社については売却を含め検討を進めていた。

同社は、今年度、欧州の太陽電池事業において、太陽光発電事業及び太陽電池パネル生産の合弁事業から撤退しており、今回のリカレント社の売却(譲渡)と合わせて、太陽電池事業の収益拡大を目標とするバリューチェーンの最適化に向けた事業後続改革を行ってきた。

(※全文:1,385文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.