> > 福島県が「省エネルギー住宅・建築セミナー」 個人住宅の省エネ基準など説明

福島県が「省エネルギー住宅・建築セミナー」 個人住宅の省エネ基準など説明

記事を保存

福島県は3月5日、「省エネルギー住宅・建築セミナー」を開催する。今後個人住宅でも段階的に義務化となる省エネルギー基準や、ドイツ、デンマークにおける住宅・建築の省エネルギー化の取り組みや技術などを紹介する。

場所はビッグパレットふくしま(福島県郡山市)。募集定員は100名。参加は無料(ただし、講演会後の交流会参加者は1人500円)。参加希望者は2月25日までに福島県商工労働部産業創出課に申し込みが必要。なお、福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会の特別セミナーとなるため、参加者は同研究会への入会が必要(入会料等は無料)。

プログラムは以下の通り。

【講演1】
なぜこれからは省エネ住宅に取り組まなければならないのか?

講師

日本エネルギー機関代表取締役 中谷哲郎氏

  • 今後段階的に義務化となる建築物や住宅の省エネルギー基準の説明
  • ドイツ等で普及している「エネルギーパス」による住宅の省エネルギー性能の見える化の紹介
  • 国内・県内でのプラスエネルギーハウス施工実績の紹介

【講演2】
デンマーク再生可能エネルギーの現状及びハウジング関連企業の紹介

講師

デンマーク王国大使館上席商務官 上川敬三氏

  • 住宅用断熱材、デザイン性の高い断熱窓などの紹介
  • デンマーク国内における住宅・建築の省エネルギー化に関する取組み

福島県では、2040 年までに県内で消費される一次エネルギーに相当する量の電力を再生可能エネルギーによって生み出すことを目標に、県内における再生可能エネルギー発電の導入や省エネルギー化の促進に取り組んでいる。

その一環として、再生可能エネルギー分野において産学官連携によるネットワークを構築し、研究開発の推進や産業人材の育成により、再生可能エネルギー分野への進出を幅広く支援することを目的とした福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会を発足した。同研究会には、県内だけでなく県外の企業や団体等が入会している。

【参考】
福島県 - 省エネルギー住宅・建築セミナーの開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.