> > 関空で燃料電池フォークリフトの実証実験 電動と比べ稼働効率アップ

関空で燃料電池フォークリフトの実証実験 電動と比べ稼働効率アップ

 印刷 記事を保存

豊田自動織機は、関西国際空港の国際貨物地区にて燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)の実証実験を開始する。同実証実験の実施期間は、2015年2月23日から2017年3月末まで。

まず、第1段階として、豊田合成北九州工場での実証実験(2012年12月から2014年3月まで)で使用したFCフォークリフト1台を用いて、北九州とは異なる使用条件下における燃料原料採掘段階から稼働段階までのCO2削減効果の確認や、稼働データの収集を行う。

(※全文:580文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.