> > 関空で燃料電池フォークリフトの実証実験 電動と比べ稼働効率アップ

関空で燃料電池フォークリフトの実証実験 電動と比べ稼働効率アップ

記事を保存
関空で燃料電池フォークリフトの実証実験 電動と比べ稼働効率アップ

豊田自動織機は、関西国際空港の国際貨物地区にて燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)の実証実験を開始する。同実証実験の実施期間は、2015年2月23日から2017年3月末まで。

まず、第1段階として、豊田合成北九州工場での実証実験(2012年12月から2014年3月まで)で使用したFCフォークリフト1台を用いて、北九州とは異なる使用条件下における燃料原料採掘段階から稼働段階までのCO2削減効果の確認や、稼働データの収集を行う。

続いて第2段階では、2015年度中に、トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」と同じ燃料電池セルを搭載した実用化モデルのFCフォークリフト2台を導入する計画だ。

FCフォークリフトは、約3分間の燃料充填で約8時間の連続稼働が可能であり、実用化されれば電動フォークリフトと比較して稼働効率が大幅に向上する。また、電動フォークリフトの課題点とされるスペアバッテリー置き場や充電器装置のスペースも不要となり、省スペースが実現される。

同社は、関西国際空港が進めるスマート愛ランド構想の柱の一つである「水素グリッドプロジェクト」(2025年の空港内の産業車両の全面FC化などを目指す)に参画しており、日本初となる空港施設への大規模な水素エネルギー導入の実証事業を通じて、FCフォークリフトの普及に向けた実用化開発を進めている。

【参考】
東京都環境局 -
燃料電池(FC)フォークリフトの取組について(豊田自動織機)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.