> > 関空に大規模水素ステーション建設へ 燃料電池バスなどに水素補給

関空に大規模水素ステーション建設へ 燃料電池バスなどに水素補給

記事を保存
関空に大規模水素ステーション建設へ 燃料電池バスなどに水素補給

岩谷産業は、「イワタニ水素ステーション関西国際空港(仮称)」を建設すると発表した。

同水素ステーションは、新関西国際空港が取り組む環境事業「スマート愛ランド構想」の柱のひとつである水素グリッドプロジェクトの一環として建設されるオフサイト方式の大規模水素ステーションだ。関空の2期空港島内に設置され、国内の空港に導入される商用水素ステーションとしては初めてのことで、全国で最大級の規模となる予定(敷地面積2,500平方メートル、延べ床面積700平方メートル)。

水素ステーションのイメージ・設置場所

水素ステーションのイメージ・設置場所

同水素ステーションは、国内市場に導入される燃料電池自動車(FCV)や、関空内の事業用車両、今後は大阪国際空港等からのリムジンバスや関空内の循環バスで運行される燃料電池バスへの充てんに対応する施設となる。また、FCVへの水素充填機能だけでなく、燃料電池自動車や水素関連技術の展示などを行うショールームも併設され、水素エネルギー関連の情報発信拠点としての役割も担う予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.