> > 商船三井、中古ラッシングベルトのリサイクル開始 海運業界初の障碍者雇用も

商船三井、中古ラッシングベルトのリサイクル開始 海運業界初の障碍者雇用も

 印刷 記事を保存

商船三井は、自動車船で使用済みとなった車両固縛資材「ラッシングベルト」のリサイクルスキームを独自に考案し、新しく導入した。

同スキームは、耐用年数を経過して不要となった中古ラッシングベルトを大分県内のリサイクル業者に集約し、落下防止プレート・ベルト部分(ポリエチレン)は固形燃料(RPF)に加工し、県内の工場にて燃料として再利用、フック・レバー部分(鉄)は粉砕して金属屑にし、県内の製鉄所で再利用するもの。

(※全文:384文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.