> > 商船三井、中古ラッシングベルトのリサイクル開始 海運業界初の障碍者雇用も

商船三井、中古ラッシングベルトのリサイクル開始 海運業界初の障碍者雇用も

記事を保存
商船三井、中古ラッシングベルトのリサイクル開始 海運業界初の障碍者雇用も

商船三井は、自動車船で使用済みとなった車両固縛資材「ラッシングベルト」のリサイクルスキームを独自に考案し、新しく導入した。

同スキームは、耐用年数を経過して不要となった中古ラッシングベルトを大分県内のリサイクル業者に集約し、落下防止プレート・ベルト部分(ポリエチレン)は固形燃料(RPF)に加工し、県内の工場にて燃料として再利用、フック・レバー部分(鉄)は粉砕して金属屑にし、県内の製鉄所で再利用するもの。

従来、中古ラッシングベルトは産業廃棄物として処理されており、一定量のリサイクル可能な材料が廃棄されている状況だった。

また、このプロジェクトでは、リサイクルの過程で必要な解体作業を県内の障碍者就労支援NPOへ委託することにより、障碍者就労支援を通じた社会貢献活動にも取り組んでいる。リサイクルによる資源の有効利用に加え、障碍者就労支援を実現する試みは、業界で初めて。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.