> > 米P&G社、製紙施設のボイラーを熱電併給バイオマスプラントに更新

米P&G社、製紙施設のボイラーを熱電併給バイオマスプラントに更新

 印刷 記事を保存

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)と米コンステレーションは、P&Gの製紙施設(米国ジョージア州オールバニ)に、最大出力50MWの熱電併給バイオマス利用プラントを建設すると発表した。

同製紙施設では、30年以上にわたり小型の現場用バイオマス・ボイラーを用いて、廃材を蒸気に転換し、総エネルギーの約30%を供給してきたが、新施設では、老朽化したボイラーを高効率の熱電併給バイオマス利用プラントに更新する。

このプラントは、コンステレーション社が、2億ドルの費用を投じて建設、また所有・操業するもの。製紙施設に蒸気を供給し、現地の電力会社であるジョージア・パワー向けに、年間385,000MWhもの電力を供給する。このプラントに搬入されるバイオマスで、製紙施設で使用する蒸気を100%生成することができ、米国でのベストセラー商品「バウンティ・ペーパータオル」と「チャーミン・トイレットペーパー」の製造で使用する総エネルギーの60~70%を供給する予定。

(※全文:930文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.