> > アップル、欧州2カ所の新データセンターを100%再エネで稼働 17億ユーロ投資

アップル、欧州2カ所の新データセンターを100%再エネで稼働 17億ユーロ投資

記事を保存
アップル、欧州2カ所の新データセンターを100%再エネで稼働 17億ユーロ投資

アップル社は、欧州に100パーセント、クリーンな再生可能エネルギーで稼働する2つのデータセンターを建築・運用する。本プロジェクトのために17億ユーロ規模を投資する計画を発表した。

2つの施設は、それぞれ、アイルランドのゴールウェイ州、デンマークのユトランド半島の中央部に設置する。どちらも166,000平方メートル規模で、2017年の操業開始を予定している。

両施設では、欧州全域の顧客に提供されるiTunes Store®、App Store℠、iMessage®、マップ、Siri®を含むアップル社のオンラインサービスを運用する予定。

欧州の新しい施設は、アップル社の他のデータセンターと同様に、初日より100パーセント、クリーンな再生可能エネルギーで稼働する。新施設は、環境に与える影響が同社のデータセンターとして過去最少となる予定。また、同社は現地のパートナーと協業することで、風力を始めとした資源を用いる別の再生可能エネルギープロジェクトを展開し、将来的な電力供給に備えることも予定している。

本プロジェクトでは、地域コミュニティにも貢献する取組みも盛り込まれている。アイルランドのアーセンリー地区におけるプロジェクトでは、同社は樹木の伐採に使われた土地で、原生の樹木を育てる計画だ。また、このプロジェクトでは、地元の学校に野外教育のスペースを、地域コミュニティには遊歩道を提供する。

アップル社は、デンマークのヴィボー地区でデンマーク最大の変電所のひとつに隣接する形でデータセンターを設置することにより、追加での発電機の設置を不要としている。また、この施設は、施設内部の設備から生じる余熱を、地区の暖房システムに提供するよう設計となっている。

今回のアップル社の投資は、同社はヨーロッパで行ってきた中で最大のプロジェクトとなる。同社CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏は、本プロジェクトにより事業を拡大し、合わせて現地の雇用の創出等で地域へ貢献するとともに、環境保護の面で最も先進的となる建築のデザインを披露する考えを示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.