> 分散型エネルギー

分散型エネルギー

震災以降、日本のエネルギー事情は一変した。様々な手段で地域が、事業者が、そして個人がエネルギーに対し、一極集中のデメリットを見出した。翻って、政府が示した新たなエネルギー供給の形は「分散型電源」。

「太陽光」、「風力」、「地熱」、「小水力」、「バイオマス」のほか、新たな電源や熱利用、再エネに限らずガスコジェネレーションなど、様々な選択肢が考えられる。行政の動きや支援策、法規制などのトピックから、新製品や新技術、役立つ他社の導入事例なども紹介する。

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.