> > 沖縄のさとうきびで作ったバイオ燃料 製造・普及促進する事業者を国が公募

沖縄のさとうきびで作ったバイオ燃料 製造・普及促進する事業者を国が公募

 印刷 記事を保存

環境省は、バイオエタノール3%直接混合ガソリン(E3)・10%直接混合ガソリン(E10)の製造・出荷、普及促進などを行う「バイオ燃料利用体制確立促進事業委託業務」の一般競争入札を実施する。

この業務は、沖縄産さとうきびの糖蜜等を原料として製造されたバイオエタノールを使用し、日本国内の製油所において精製された基材ガソリンと混合したE3を製造・出荷し、沖縄県内等をモデル地域として我が国におけるバイオ燃料の本格的な普及と自立商業ベースによる供給体制の確立を促進するとともに、E10の本格的な普及を進めるもの。業務実施期間は契約締結日から2016年3月31日まで。

入札参加者は3月25日までに提案書の提出が必要。入札に伴い、3月10日に環境省で説明会を開催する。入札参加者は、説明会への参加が必須。

具体的な業務の内容は以下の通り。

(※全文:733文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.